優れていたいと思うこと

優れていたい。

これって誰もが思うことです。
もしかしたら、

「自分は優れているはずなのに」

そう思っていたのに、現実はそうじゃなかった。
そんなことで苦しむこと、誰だってあると思います。


「優れていたい」

これは人の本能といってもいいんじゃないかな。
だから悪いことではない。
当たり前のことなんだ。

でもね、少しだけ考えてほしいんだ。

優れているってどういうことだろう。

それは、実は

「もう終わってる」ってことじゃないかな。

優れているなら、これ以上良くなる必要はないものね。

どんなものでも変わっていく。

同じままのものなんて何もない。

形あるものも、形のないものも・・・
友情だって、愛情だって、ずっとそのままのものなんてないんだ。

君はそれを知ってすっごく空しく思うかもしれない。
生きるのが辛く思うかもしれない。

でも、違うんだ。

「同じままのものはない」

これは変わることがない真実。

だから僕らは、

“もっと良くすること” ができるんだ。

そのままのものがないっていうのは、
もっともっと良くすることができるっていうこと。
友情だって、愛情だって、なんだってそう。
もっともっと良くすることができるんだ。

現状維持なんてありえない。
落ちるか、昇るか、選んでいいんだ。

たしかに、
最初の一歩は、とっても重いし、苦しいかもしれない。

でも、その重さの分、自分の人生、切り拓いてる!って
俺の人生、歩いてるぜ!って思っていいんだよ。

それって、すっごくカッコイイことだと思う。

苦しくなったら立ち止まればいい。
時には、落ちちゃってもいいじゃない。

でも、必ず歩き出せるはず。

明日優れている人は、今日ダメダメな人なんだ。

明日幸せになれる人は、今日苦しんでいる人なんだ。

だから、大丈夫。

僕は、それを知っているから、いつだってダメダメだって思っているよ。
笑われたって、馬鹿にされたっていい。

ダメダメっていうことは
「まだやれる!」、「もっと昇れる!」っていうことなんだから。


僕らは、ひとりじゃない

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください