言いたいことが言えないなら

どう思われてるか怖い。

嫌われてるんじゃないか。

そんなことを考えて悩んでしまう。
良くあることです。

そういう時に良く見なきゃいけないことがあります。

言いたいことを“正しく”言えているか。

“正しく”が曲者なんですね~。

相手を変えようとしていない。
自分が間違ってるかもしれないけれど・・・
それでも、◎◎と感じてしまう。

このあたりを気をつければいいのかなって思います。

要は、
乱れながら伝えないこと。

乱れてしまうと、命令になります。

相手がその通りにうごいてくれるか否か
自分の存在を賭けたギャンブルです。
それは正しくないですね。

だって、自分を粗末にしてる。
相手も大事にできてない。

たとえ間違ってても、
たとえわがままでも、
自分が間違ってるかもって思いながらなら
乱れることなく【伝える】ことができるはず。

叶ったらうれしいけど、叶わなくても大丈夫。

相手を主語にしないで
自分を主語にして伝えてみれば
何か変わるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください