信じる

良くやってしまう失敗・・・

というか勘違いに「信じる」があります。

僕も良くやらかしてしまうのですが、

「信じる」ことと「期待する」を間違ってしまうんです。

良く似てるんですね。
信じると期待。

相手を見極めて、相手の目線にあわせるのが「信じる」。
相手を見極めずに、一方的に押し付けるのが「期待」。

相手を冷徹に見極めるって、一歩間違ったらとっても偉そうで、
気をつけないと、批判や批評に陥ってしまいます。

そこが「信じる」ことの一番難しいこと。

どこまでも肯定できて、
そこまでも「期待しない」ことに徹したとき
「信じる」ことができるのかなと思います。

だから「信じる」はムツカシイ。
だから「信じる」は貴い。
何度失敗しても、チャレンジする値打ちあり!

そんなことを考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください