今の自分にしか興味が無い

あの時、どうしてあんなことを言ってしまったんだろう。

そうして、自分はこんな境遇に生まれてしまったんだろう。

この先、自分はどうなってしまうんだろう。

振り返れば後悔ばかり。
先を見たら心配ばかり。

いろんな悩みや苦しみ。

そういう時にこそ思い出したいものです。 “今の自分にしか興味が無い” の続きを読む

峰入りのお知らせ~長命寺山・奥島山

夏の峰入りから無事に帰ってくることができました。
素晴らしい風景の中での稜線歩き・・・とはいかず雨と霧と強風の中、厳しい寒さに唇を紫にしながら通算算35時間の道中でした。

北アルプスの山々の神さま仏さまの厳しさととてつもない優しさに包まれながら、己の未熟さやこれからの課題をたくさん頂いた峰入りになったと思っています。

ぼろぼろになって、足を引きずりながらどこまで続くのかわからない道なき道を進みます。
一瞬、「もう二度と来たくない!」という思いが脳裏をよぎりました。
なんでこんなことしてるんだろうと。
でも、昨年の甲斐駒ケ岳でも同じことを思っていたことを思い出しました。
それでも、こうやって峰入りに来ることができている。
今回は、前回と違う意気込みで参加できることができた、去年とは違うじゃないか。
何より、参加“させてもらっている”ことのありがたさ。
連れて行ってくれる人がいるから来ることができました。
その苦労を想像すると気が遠くなります。
そのありがたさに気がつくことができたのも、前回の鶏冠山があったからかもしれません。
参加してくれた皆さん、ありがとう。

おかげで「苦しい」、「嫌だ」と思う自分のちっぽけさや愚かしさに気がつくことができました。
そして、逃げ出したくなるわがままでお子ちゃまな自分に苦笑いすることもできました。
そして、ここまで来る事のできたありがたさと幸せを感じながら無事下山することができました。

自らを苦しみに投じる喜び。
弱い自分を見つめることができるの喜び。
ああ、これが峰入りなんだなぁとしみじみ思いました。
その苦しみと、言葉には尽くせない喜びを思うたびに峰入りに参加できた幸せを思います。
また大きな励みをいただきました。

あれだけの時間を素晴らしい霊性の中で、自分の限界に向き合って、自分を壊そうとしながら身を置くことができた。
少しは変わることができたかな、いえ、そうできるように僕もこの峰入りを見つめる作業に入ります。

ただの登山ではなく峰入りをさせていただける、つまりは共に歩む素晴らしい仲間に恵まれている幸せを感じることができました。

本当にありたかいことです。
詳しくは勉強会やレッスンでシェアしますね。


この学びでいただいたものはまた必要としている誰かに繋いでいく。

それは学びと出会えたものしかできないことでもあり、義務でもあるのではないかと考えています。

さて、来る8月25日(金)に峰入りをいたします。
今回、琵琶湖畔の長命山、奥島山に峰入りをお許しいただきました。

標高は400メートル級と低山ではありますが、縦走を経験していただけると思います。
下がっては登り、上っては下り・・・・
体力的には前回の鶏冠山よりは断然軽いものになると思います。
前回バテバテになってしまった方も安心して下さいね。
しかし、精神的にはせっかく登ったのに下ってはまた登る・・・
そんな縦走をほんのちょっぴり経験できるかなと思っています。

元来、このお山は干拓される前は大きなひとつの島だったといいます。
そして、島を取り囲むように長命寺・大島奥津島神社がお鎮まりになります。
昔、人々は船を漕いで参拝していたといいます。
琵琶湖のきらめきの中で神さま仏さまにまみえることのできる贅沢なコースとなっています。
ありがたいことですね。

当日は帽子や水などの熱中症対策をお忘れなく。

 

8時30分 出発
第一集合場所 日月庵ふるゆら

10時出発

第二集合場所 菩提寺PA

10時30分 集合
 最終集合場所 ローソン 近江八幡島店

 

①天之御中主尊神社参拝(10時40分)
②長命寺参拝(11時15分)
③長命寺山山頂(11時40分)
④奥島山山頂(12時30分)
⑤大島奥津島神社参拝(13時30分)解散予定15時前日13時より断食に入ります。

 

~注意事項~
前日13時以降は水やお茶のみ口にしてください。
峰入り開始後は
・座らない(休むときは立ち止まる・木にもたれるなどにとどめます)
・行以外のことは口にしない
以上を遵守して下さい。参加費は無料ですが、自己責任でお願い致します。

13時に為さずは解禁とします。
山中であっても行動食や休憩をとっていただいても構いません。

今回人数制限は設けません。
参加資格は当院の勉強会に参加中の方、毎月のレッスンを受けている生徒さんとさせていただきます。

 

 

八千年や 柳に長き 命寺 運ぶ歩みの かざしなるらん

 

合掌

 

伊勢奈良合宿にむけて

ほぼ合宿の段取りも見えてきました。
 
東京からは約40名、車9台で。
ふるゆらからは、おそらく23日は約50名程度の参加を把握しています。
総勢、ほとんど100人に迫るメンバーでの神事になりそうです。
 
今回、計らずもふるゆらのメンバーも伊勢・名古屋・静岡での同行が許されました。
その際の車を出すことや同乗の依頼について、本来私が取りまとめて、ドライバーさんにお願いした方がスムースに進んだのかもしれません。
しかし、そのほとんどを今回皆さんにお任せしました。
 

“伊勢奈良合宿にむけて” の続きを読む

優れていたいと思うこと

優れていたい。

これって誰もが思うことです。
もしかしたら、

「自分は優れているはずなのに」

そう思っていたのに、現実はそうじゃなかった。
そんなことで苦しむこと、誰だってあると思います。

“優れていたいと思うこと” の続きを読む

勉強会(~古事記と共に)追加クラスのお知らせ

今日、突然思う事があって車で三重まで激走してきちゃいました。
往復で6時間・・・もう若くはないと痛感しています。
でもありあまるほどの収穫がありました!

さてさて、以前こちらで紹介させていただいた、現在進行形の勉強会、
霊性とインナーチャイルドⅠ~古事記と共に~
今月、各クラスで第3回を迎えることになりました。

“勉強会(~古事記と共に)追加クラスのお知らせ” の続きを読む

Bon Voyage!

昨日は奈良県下の多くの公立高校で入学式が行われました。(って、もう一昨日か・・・)
我が家の長男も無事に入学式を迎えることができました。

ふるゆら.は学びを共にする門下生で、同じく中学生の子を持つ方から

「子どもにも、この学びを伝えたい。勉強と言う形で何かを伝えることはできないか?」

そんな、ありがたいお申し出をいただいたのが数年前。
そんな訳で中学生向けの塾という形で夜間は活動しています。
(塾というより寺子屋のような小さなものですが)
長男は、その二期生の一人でもあります。

塾とはいっても、隣で座っているだけだったような気がしないでもないのですが・・・(汗)
4名いた二期生のうち公立中学で受験を経験したのは二人。
もう一人からも無事入学の報告をいただきました。
これで高校に無事に送り届けることができたとほっとしています。

彼らの“受験”は実は昨年の秋に終わっていました。
それは、「自分で自分の道を決めた」のが昨年の秋だったからです。
彼らにも再三それは伝えてきました。
以下、読むかどうかは知らないけれど、みんなに向けたメッセージです。

“Bon Voyage!” の続きを読む

勉強会のお知らせ

初級編・最初の一歩は愛してみよう
中級編・上を向いて歩こう
そして、座談会
この数年間、これらの勉強会を通じて皆でインナーチャイルドの学びを深めてきました。

ほぼ4年間続いてきた「最初の一歩~」・「上を向いて~」もほぼ全クラスが終了し、座談会を1年ほど続けています。
ここまで一緒に完走してくださった皆さんにはただただ感謝するばかりです。

しかし、ここにきて使っているテキストを読んではいろいろひっかかるところがあったり、今になって読み返すと恥ずかしくなることも多かったりします。

よくよく考えれば、最初の初級編クラスから既に4年。
僕自身も、また皆さんも変わっていて当然なんですね。
変化に応じて見方も伝え方も聞こえ方も変わっていくのは当たり前と考えます。

さらに、新しく学びを始めた方が参加できる勉強会がないということも気になっているところでした。
こんなこと言っちゃなんですが、ふるゆら.での勉強会は必須だとは思っていません。
日々の地味な努力が最重要で、それだけで十分といえば十分なのかもしれません。
ふるゆら.の勉強会や講座に出席して、知識だけ仕入れても意味なんてないのです。
否、わかった気になっちゃって日々の努力を怠ったり、変な優越感や特別感で
酔っぱらってしまうなんて事になった日にゃ目も当てられません。

でも、体系的に学びを進め、整理していくこと
独りよがりにならず、人とかかわることで未熟さを知ること。
思い込みを捨て、人とかかわることで自分の素晴らしさを知ること。
先輩後輩の区別無く、同じ学びの仲間として学びの座を共にすること。
その意味でやはり勉強会はとっても重要なのです。

そして何より、勉強会を開くということは僕にとっても修行です。
ぐだぐだで申し訳ない、思うどおりに進まないという情けなさを感じつつ、それでも精いっぱい頑張って、うまくできたと思ったのも束の間、振り返ってみると恥ずかしい気持ちになる。
そんな事の連続です。

やはり勉強会と云うのは皆さんにとっても、僕にとっても、等しく必要な学びの場。
また勉強会を開けること、有難く思います。

皆さんの希望や、今だからこそ学びたいこと、必要なこと、そんな全てを網羅して新しい勉強会を始めたいと思います。

 

タイトルは
「霊性とインナーチャイルド  ~古事記と共に~」です。

 

テーマはズバリ、霊性とインナーチャイルド。
ど真ん中、ど直球です。

霊性?
インナーチャイルドってなに?
そんな方にも理解していただけるように
今までの勉強会をいったんリセットして、新たに再構築したテキストで、
霊性とインナーチャイルドについてイチから学んでいきたいと思います。

そして、信仰、つまりは神さまはインナーチャイルド、そして霊性を学ぶ上で欠かすことのできない存在です。
昨年末の合宿行の感想報告会で、意外に
「神さまについて知らない」
「もっと神さまについて知りたい」という声がたくさんあることに驚きました。

昨年は自分の足元を再確認しようと古事記を読みふける機会がありました。
個人的に古事記に救われた一年でもありました。
そして、霊性とインナーチャイルドにおける学びの示唆が古事記には多く残されていることに驚きました。

今回、古事記を織り込みながら霊性とインナーチャイルドを学んでいければと思っています。

もちろん、歴史的な解説や学術的な古事記の説明はやりません。
というか、そんなの僕にはできません。
その辺の御期待にはお応えできないとおもいますのであしからず。
あくまで、霊性とインナーチャイルドの学びに古事記を織り込んでいく・・・くらいに思ってください。

神さまについて知りたい。
生きる意味について知りたい。
生きる苦しみから逃れる術を知りたい。
生きる虚しさから逃れたい。

まったく初めましての方から、
インチャの癒しが日常になってるよという方々まで。

新しい勉強会、2月より開講します。
それはもう、もがきながら、そしてワクワクしながら原稿を作っています。

ご参加お待ちしています。

 

「霊性とインナーチャイルドⅠ ~古事記と共に~」

受講料:4000円

日時
☆奈良ふるゆら
平日クラス
2月10日(金)
2月21日(火
2月22日(水
3月より開講

日曜クラス
2月19日(日)

☆三重・伊賀クラス
2月27日(月)*紹介の方のみ

☆滋賀・信楽クラス
3月?より開講予定*紹介の方のみ

以上7クラスでスタートします。
全15回を予定しています。

ご都合の良いクラスでのお申込みお待ちしています。

 

 

 

テキストやら進め方を必死に作ってますが、もうもがきまくりです。
難しかったかなと後悔しつつも、恥を忍んでやりきります。

どうぞよろしくお願いいたします。