今年もよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。

遅いご挨拶ですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
私たちも無事に新年を迎え、初詣にもお参りさせていただくことができました。

今回はひかせていただいたおみくじの言葉。
心に来るものがありましたので、紹介したいと思います。

 

信仰はわが播く種にして、智慧はわが耕す鋤なり。
 身口意における悪業を除くは
 わが田における除草なり。

 

この言葉で思い出すことがあります。

昔、マガダという国でお釈迦さまが托鉢をされていた時のことでした。
ある人が

「みんな自分で種をまき、畑を耕し、草を抜いて、やっと収穫して食べ物を得ているんだ。
お前も自分で耕して食べ物を得たらどうなんだ」

と言います。

それに対してお釈迦様は

「私もちゃんと耕して収穫をしていますよ」と答えられます。

それを聞いたその人は「そんな姿を見たことがない」と怒りますが、
お釈迦様はこう仰ったそうです。

「人々の心の中に信仰の種を播き、心を育て、煩悩の草を抜いているのです。」

世の中には直接目に見える形で、人さまの役に立っている仕事ばかりではありません。
もちろん汗をかき、実績を積んでいく方々は素晴らしいと思います。

でも、人に喜びを与えようと日々努力する無名のダンサー。
すぐには利益には繋がらなくても、より良いものを育てようとしている農家の方。
子どもを守り、子どもの好奇心を伸ばそうとする方。
芸術や暮らし方を通じて豊かな時間を伝えたいと努力する人達。
家族を守り、家族の心の支えとして必死で努力する人達。

世間的には馬鹿にされることも多いかもしれません。
馬鹿にはされずとも陽の目を見ることは少ないのかもしれません。
でも、心の豊かな生き方を歩む道。

私は尊敬します。

そして、私自身そうありたいと年頭に改めて思いました。
頼もしくもあり、身を引き締められる言葉でもありました。

そして、もうひとつ裏側には

 

しるべする人をたよりにわけいらば
        いかなる道かふみ迷ふべき 

 

明治天皇の有名な歌です。

導く人を信じて進むのならば
どのような道であっても踏み外す事があるものか・・・という意味でしょうか。

ありがたいことです。

私も一歩一歩、歩いていきたいと思います。

今年は地道に、『負ける』一年にしたいと思います。
『負け方』にこだわりたいと思っています。

今年も一年間よろしくお願いします。

言いたいことが言えないなら

どう思われてるか怖い。

嫌われてるんじゃないか。

そんなことを考えて悩んでしまう。
良くあることです。

そういう時に良く見なきゃいけないことがあります。

言いたいことを“正しく”言えているか。

“正しく”が曲者なんですね~。

相手を変えようとしていない。
自分が間違ってるかもしれないけれど・・・
それでも、◎◎と感じてしまう。

このあたりを気をつければいいのかなって思います。

要は、
乱れながら伝えないこと。

乱れてしまうと、命令になります。

相手がその通りにうごいてくれるか否か
自分の存在を賭けたギャンブルです。
それは正しくないですね。

だって、自分を粗末にしてる。
相手も大事にできてない。

たとえ間違ってても、
たとえわがままでも、
自分が間違ってるかもって思いながらなら
乱れることなく【伝える】ことができるはず。

叶ったらうれしいけど、叶わなくても大丈夫。

相手を主語にしないで
自分を主語にして伝えてみれば
何か変わるかもしれません。

性格はプログラム

性格こそ自分自身だと考えしまうものです。

怒りやすい
正義感が強い
負けん気が強い
弱虫
あきっぽい・・・

性格と云うのは
実は過去の行動パターンのデータの集まりです。

○○になった時は、△△したらう・・・うまくいった

その経験の積み重ね、プログラムなのです。

だから、
過去に辛いことがあった分、
性格ははっきりと偏ります。

こんな自分は嫌だ。
自分はどうせこんなもんだ。

そう思う人ほど、
「逃げられない、どうしようも無いほど辛い過去があった」
・・・と云う事なんじゃないかと思います。

過去が辛かったのなら・・・
そんな性格、手放しちゃいましょう。

今までの当たり前、捨てちゃってもいいじゃん!

自分を疑ってもいいじゃん!

なりたい自分になればいいんです。
そのために
自分で自分を縛るプログラム。

後生大事に守るのはやめたいですね。

日の下で 月の下で

日の光を受けて月は輝きます

その光を全身で受けて、真っ暗闇の夜空を
月は明るく照らしてくれます

でも、
光を受けることができなくて、
月が夜空の闇に飲まれてしまう

それでもお日様は輝きます

お日様は、決して月をあきらめない
月も、決して月をあきらめない。

欠けたと思ったらまた満ちて
光を受けようとあきらめない

昼は日
夜は月

無明に見える闇の中でも
ホントは僕たちの頭上で行われる
光のやりとり

もう会えているあなたの上にも
いつか会うあなたの上にも

昼は日
夜は月

あなたとわたし
もっともっと輝けるように

同じ日の下で
同じ月の下で