一年間ありがとうございました。

早いもので、あと少しの仕事を遺しつつも、本日無事に今年最後のレッスンを終えることができました。

そしてこの12月はちょうど2年前に始めた古事記の勉強会が最終回を迎える月でもありました。

2年越しの、回数にして24回の勉強会。
古事記を読み解くという大仕事、私などにとってはあまりにもだいそれた試み。
そんなことは重々わかってはいましたが、どうしてもやってみたい。
やらせていただきたい。
そんな思いで始まった勉強会でした。

古事記の学びは、私たちそのものでした。
そして、驚くほどに私たちが歩ませていただいている学びそのものでした。

これほどまでに長い勉強会。
最後の最後まで共に学んでくださった全8クラスの皆さん、本当にお疲れさまでした。皆さんと最後まで走り切れたことは私の誇りです。
どうかこの学びを日常に活かしていただければ幸いです。

駆け足で走り抜けた感のある2018年でしたが、皆様にとってはどんな一年だったでしょうか。

どうか皆々様が善き新年をお迎えになられることをお祈り申し上げます。

来年は・・・もう少しまじめに更新しようと思います。

どうぞ来年もよろしくお願いいたします。